硬水と軟水の違い

 

天然水の表示に『硬度』と書かれたものを
目にされた方も多いと思いますが、
天然水の硬度とは何なのでしょう。

 

水を飲む女性

 

量の多い少ないはありますが
飲料に適した天然水には
必ずカルシウムイオンと
マグネシウムイオンというものが含まれています。

 

水1リットル当たりに含まれる
カルシウムイオンとマグネシウムイオンの量
硬水、軟水に分けられます。

 

国によって基準は違いますが
日本では100mgまでを軟水、
300mgまでを中硬水、
300mg以上を硬水と分類しています。

 

日本の天然水は沖縄県の一部をのぞいて
ほとんどが軟水です。

逆にヨーロッパなど外国から輸入される
天然水のほとんどが硬水になっています。

 

その違いは熟成される時間にあると言われています。

 

天然水に様々なミネラルが含まれているのは
大地から吸収しているためです。

 

日本は国土が狭いため大地と接する時間が短く、
また大陸では大地と接する時間が長いため、
ミネラルの含有量に違いが出るのだそうです。

 

 

硬水と軟水のおいしいの見分け方

 

硬水、軟水の具体的な違いはどうなのでしょう。
一般的には軟水は口当たりが良く
紅茶や緑茶の色みを増します。

素材の旨味を引き出すため煮炊きに適しており、
石鹸やシャンプーが泡立ちやすいのが特徴です。

 

コーヒー

 

対して硬水はしっかりとした飲みごたえがあり、
煮物には適しませんが
肉から灰汁を多く出すことが出来ます。

シャンプーや石鹸の泡立ちは今ひとつなようです。

 

有名なところでは小さなお子様は
消化器官の発達が未熟なうちは
濃度の高い硬水を飲むと
お腹を壊すおそれがあると言われています。

 

どちらも一長一短がありますから
その都度必要な天然水を購入されることをお勧めします。